肌への効能について

 

 

ニンジンの原種となる種子は根は太くならず、食用には適しません。しかし、これらをエッセンシャルオイルとして活用することで身体に対してすぐれた作用を発揮します。独特な香りのする精油なので、苦手な場合は柑橘系のエッセンシャルオイルとブレンドすると使いやすくなります。

 
これらのオイルは身体に対して浄化作用を持ち、デトックス効果が望めます。また皮膚病への効能もあり、肌の老化防止にも役立ちます。

 
抗酸化作用に加えて、皮膚細胞を活性化して皮膚を再生する効果があるのでスキンケアに非常に役立ちます。しみやしわの予防、改善に優れた効果を発揮します。そして赤血球に働きかける作用もあり、顔色がよくなりハリと弾力をもたらしてくれます。皮膚を再生する力によりかた固い部分をやわらかくする効果もあり、タコやウオノメを治すのにも効果的です。

 
また体内にも働きかける効果を持ち、体内を綺麗にする役割を果たしている肝臓や腎臓の機能を調整し、体内の毒素を排出し身体を浄化してくれます。またストレスや疲れなどを解消する作用もあり身体の内外からきれいにしていくことが出来ます。

 
そしてエッセンシャルオイルの特性から妊娠中の使用は避けなければなりません。