心への効能について

 

 

強いストレスを受けた時、人は癒しを求めます。
そんな中、どのようなものがストレスを軽減する作用があるのかについてです。
心が大きなダメージを受けているとき、効果があるといわれているのは、香りです。
香りには安らぎやゆっくりとした効果があり、アロマやオイルなどにはリラックス効果があります。
香りだけではなくハーブティーにもその効果は期待されています。
ペパーミントなどには、鎮痛効果や咳を静めたり不眠解消に導く役割があったり、ラベンダーにも鎮静効果や、不安や苛々しているときに飲むと落ち着くといわれています。
ハーブティーの中には強壮作用を持つものもあり、肝臓をいたわりたい時に飲むチコリの葉には強壮作用が含まれており、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
ハーブティーのほとんどは鎮静効果を持つものが多く、その時の症状によって飲むものは異なります。
中には病気に効果のあるものもあり、シベリアジンセンなどは自律神経失調症や、更年期障害、不眠症などに効果があります。
リラックスや病気を抑えるだけではなく、美肌効果を持つもの、体調回復を促すもの、血糖値をさげるもの、女性の生理痛を抑えたり、出産後の体調回復に適したものなど、多くあり、その効果は高いと称されています。