身体への効能について

 

 

抗炎症、強壮、抗ストレスなどさまざまな効能がありますが、もっとも大切な効能は、肝機能と腎機能を促進させる効能があることです。

 
肝臓、腎臓はどちらも体にたまった老廃物を排出させる器官ですから、これらの器官が活発に働くことで、身体の毒素を排出するデトックス効果にはじまり、むくみを改善したり、うっ血を取り去ることで月経不順のような婦人系の改善まで望めます。全体の新陳代謝を高めるので、肌を健康に美しく整えるといった効果もあります。

 
これらの効能は、香り成分であるキャロトールによるもので、この成分は全体の40%をしめる、主成分です。

 
キャロトールには肝細胞を再生させる機能があります。肝臓に元気な新しい細胞が増加することで、機能が高まり働きが活発になるというわけです。腎臓に対しては抗炎症の作用を持ち、腎機能不全を解消させる効能があります。
実際、医療の現場でもキャロトールの持つこれらの効能は認められており、治療にも使用されています。急性ウイルス性肝炎のアフターケア、前述のように腎機能不全の解消、腎石症やネフローゼ症候群のアフターケアなど、決して軽くはない疾患の治療にも、キャロトールの香り成分は有効とされています。