他オイルとのブレンドの相性について

精油にも様々な種類があります。
天然植物から取られたものなので、それぞれ一種類でも複雑な香りを楽しめます。
ですが、その香りをもっと豊かに楽しむ為に、精油を混ぜ合わせてみては如何でしょう。
オレンジ、レモングラス、ベルガモット、グレープフルーツと言った柑橘系を用いると、独特な香りが中和され使い易くなります。

 
この柑橘系で、一番相性が良いのはオレンジですが、好みで調節してみましょう。
香りと相俟って、心を穏やかにしてくれます。
もう少し大人っぽいものを思う時には、樹木系と合せると良いでしょう。
特に、ジュニパーベリーはヒノキ系の香りで、この香りも心を穏やかにしてくれます。
但し、この精油は香りがやや弱いので、混ぜる時には注意が必要です。
別系統の香りでは、フローラル系のネロリも良いです。

 
香りが柑橘系に近い事もあり、フローラル系ですがオレンジを使うのと似た感じで、それでいて華やかな印象を与えることが出来ます。
幾つか精油を挙げましたが、使用する人の趣味によって又使用する状況によって、使われるものは変わってくるかと思います。

 
一番良いものは、やはりご自分のお気に召したものかと思います。
色々と、精油のブレンドを試される事をお勧めします。